カテゴリ:能楽基礎講座の様子( 4 )

能楽基礎講座2010「能」の回 その④

囃子体験に続いては、
「装束付け実演」に移ります。
舞台上で面をつけるところまで見せて頂けるとのこと!
私も初めて見せていただきます!(涙)


胴着と下着姿の浦田保親先生が舞台袖より登場☆
◇胴着姿◇
 装束を付けてもらう時は、下着に足袋を履き、
その上に「胴着(どうぎ)」を必ず一番下に着て、
胴締め、胸布団、襟を持って装束の間に入ります。
胴着は羽二重の袷の間に綿が入っていて
着る人の体型補正と装束に汗を通さないための「汗止め」の役目を果たしています。

能装束の着付けという、普段なかなか見れないところを拝見できるということで、
先生の手足、足先まで見ようと、立って見てらっしゃる方も
いらっしゃいました。

片山伸吾先生の解説付きでの着付けスタートです☆

厚板(あついた):地厚の織物で、力強い模様が施されている。
※または縫箔
大口袴:しっかりとした生地で作られた両横に広がった袴。
を付けて・・・
e0186121_092373.jpg


長絹(ちょうけん):袖が広く、胸と袖部分に組紐がつけられている。
を付け・・・
e0186121_0394619.jpg


腰帯を付けて・・・
e0186121_0402970.jpg


この扇の絵、
太陽が波に沈んでいるようです(というより、のみ込まれているような~)
平家など、負け修羅に使う扇に描かれている絵です。
(勝ち修羅の場合は日が昇る様子が描かれている扇を使用します。)
中啓という、閉じた状態で先が広がった形の扇を使用します。
e0186121_041388.jpg


烏帽子(梨子打烏帽子)を付けます。
平家は烏帽子の折れる向きが、向かって左折れになります。
源氏などは(屋島:源義経が主人公)その反対向きです。
肩脱ぎ(かたぬぎ)しております。(長絹などの右袖を脱いで後に巻き込む方法です)
戦の場面を表現しますので、太刀を身につけて舞います。(本物ではございませんョ)
e0186121_0413310.jpg

平家の公達「清経」の出来上がり☆です。
着付けをしてらっしゃるのは、
観世流シテ方 浦部幸裕先生、深野貴彦先生。
このように、着付けは装束専門の方がいらっしゃるわけではなく、
同じシテ方が準備し、着付けを行うのです。シテの着付けは誰がするの?


~そうして、いよいよ能「清経」が始まります~

「清経」などに代表される演目は、
修羅物といって、戦とともに一生を送り、
死後、修羅道に堕ちたとされる武者の姿が描かれています。
今回の「清経」はその修羅物の中でも、代表的な一曲で、
能の大成者、世阿弥作なのです。

清経は平家一門で、源平合戦の最中、敗戦につぐ敗戦に絶望し、
自ら入水し、命を絶ったという人物ですので、
戦って死んだ他の平家の公達とはイメージがかけ離れています。
自ら死を選んだ清経の心情は、亡霊である清経の回想という形で
語られます。

清経が自らの最期の様子を、清経の妻(ツレ)に語って聞かせる場面、
清経の心象や実際の情景が織り交ざり、クセからキリにかけての
舞に表現されています。


鏡の間(今回は向かって左側の舞台袖がそれです)より、
お調べが聞こえてきました。
この音が、中世の世界にいざなうかのようです。

続く・・・
[PR]
by tom410104 | 2010-02-19 01:23 | 能楽基礎講座の様子

能楽基礎講座2010「能」の回 その③

能楽基礎講座続き・・・

能面体験に続いて、
笛、小鼓、大鼓 の体験に移ります。

保親先生のご紹介で、
左鴻泰弘先生(笛)、曽和尚靖先生(小鼓)、井林久登先生(大鼓)が
舞台に。

お囃子はもう一つ『太鼓』がありますが、
清経は、太鼓なしの能となります。
(ので今回太鼓の先生はいらっしゃいません)

雛人形の「五人囃子」ってご存知かと思いますが、
●謡い(シテ方)
●笛
●小鼓
●大鼓
●太鼓(今回はなし)囃子方にいつも太鼓は入っている?

のことを指すそうです。

楽器についての解説の後、「男舞」を演奏されました☆
※「男舞」・・・舞の種類の一つ。男性的で、颯爽と舞うもの
        太鼓は入らない。
       (代表曲:「安宅」「小袖曾我」など)

力強く、迫力のあるお囃子が会場全体に沁み込み、
皆さん圧倒されていらっしゃいました。

そんな先生方の生演奏を聴いたあと、
実際に楽器に触れてみよう!ということで、
舞台上はミニお稽古場に早変わりです。

島根浦声会の皆さんも、
手を上げるか席を立つかどちらが早かったでしょう!
張りきって舞台に上がっていかれました☆


お笛はなんと、体験された方全員鳴ったご様子!
(すごい!初めてだとなかなか鳴らないはず・・)
能で使う笛のことは、「能管」と言います。
構造上、吹口と指孔との間に「喉」と呼ばれる
短い管が挿入されているのが大きな特徴で、
能管独特の音色が生み出されます。
能の笛「能管」はほかの笛とどう違う?


小鼓は先生が打たれると「ぽんっ」と良い音が響き渡ります。
実に、軽やかに・・・
しかし、実際触れると和太鼓のように弾力性(というのかな?)があるものではなく、
どうしてこれが鳴るの?という感触なのです。(皮は馬の皮、胴は桜材です。)
ぽんと鳴らすにはコツがいるのです。
能楽の小鼓
体験された方はその難しさを実感しつつも、中には
もう少しで鳴るのでは~!という方もいらっしゃいました。
(ほんとにされたことないのですか!?)


大鼓は湿気が大敵です。
なので、乾かす準備(火鉢で乾かしたり)に時間がかかります。
「カーンっ」という音がするのですが、小鼓と対象的で(ちなみに小鼓は湿り気が必要)
どちらかというと「男性的な」楽器かと思います。
大鼓について

皆さん大鼓の奥深さを体験されていました☆

e0186121_0451514.jpg

皆さんどんな音が鳴ったでしょうか?


続く・・・
[PR]
by tom410104 | 2010-02-16 23:10 | 能楽基礎講座の様子

能楽基礎講座2010「能」の回 その②

能楽基礎講座のレポ続きです☆

お囃子付での謡の次は、「清経」でシテが舞う
クセの部分の一部を体験!

能「清経」についての解説↓↓↓
能 [清経]:あらすじ・みどころ


数名舞台に上がっていただき、
清経が横笛を腰から取り出し、
音すみやかに笛を鳴らす場面の型など、
一連の所作を体験されました!
e0186121_1262189.jpg

片山伸吾先生が、
浦田保親先生の説明にあわせながら、
実際に手本の舞を舞われ、それを後から追うように
皆さん舞ってらっしゃいました。

謡と舞の表す意味など、大変細かく説明をいただき、
特に私は、「西という方角が意味するもの」のお話が
大変興味深く、印象的でありました。


そして次は能面の解説。
いくつかの面を実際に見ながら、説明をうけました。
能面について:

女面、男面、鬼神面、怨霊面、などご紹介いただき、
ご希望の方に実際に面を付けていただき、
それぞれの役柄に合わせて、ハイ、ポーズ!
e0186121_149427.jpg


大飛出の面と、童子の面と、般若の面です。
e0186121_151060.jpg

般若の面のポーズアドバイスは、
「ハイ、ご主人さんのことを思い浮かべて~(笑)」

それにしても女性の面の種類の多いこと。。。
そんなに女性の顔って変わるんですね~(汗)
意味深くて、そしてちょっとコワイ。。。です。



続く・・・
[PR]
by tom410104 | 2010-02-16 02:09 | 能楽基礎講座の様子

能楽基礎講座2010「能」の回 その① 

2月11日(木・祝)は島根県民会館にて
「能楽基礎講座2010」 能の回 がございました☆

初回の「囃子」の回に引き続き、二回目の講座です。

受付を済まして、正面の客席から入るのかな・・・と思いきや
受付後ろの、裏方通路を通り、舞台袖に。
舞台袖を抜けると、
舞台には能舞台が!

実は・・・
小、中学生の頃、この会館は
学校の音楽会の会場として使われていたので、よく来ていた場所です。
舞台袖も依然と変わらなかったので、懐かしさにじんわりきてしまいました。
そんな思い出の場所で、
京都能楽師の先生方のレクチャーが受けられるなんて!(感激です~)

会場を見渡すと、
定員を上回る人数だったようで、
ざっと数えて、100人以上の方がいらしてました☆
ご夫婦でいらっしゃった方、
着物姿の方、
友達と一緒にこられた、お若い世代の方などなど、
皆さん楽しみに始まりを待っておられるご様子。

いよいよ始まりです!
まずは「四海波」
シテ方の謡い+お囃子の迫力に、メンバーさんも興奮です。

そして、本日の講師 浦田保親先生のごあいさつです。
ユーモア溢れるおしゃべりに、会場からふふっと笑いが。
皆さんちょっと緊張されていたようですが、
先生のトークで少し緊張がほぐれたご様子でした。

そして続けて先生のご指導で、謡のお稽古をつけていただき、
お囃子とあわせて、皆さんで大合唱!
大きな声が響き渡ります。
お囃子とあわせる節回しは、私はとっても難しかったのですが、
皆さん臆することなく発声してらっしゃっいました~
e0186121_0311747.jpg


続く・・・
[PR]
by tom410104 | 2010-02-13 01:13 | 能楽基礎講座の様子


■□見学・体験大歓迎□■         会員募集中!


by tom410104

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

写真・画像について

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

全体
◆浦田保親先生のご紹介
◎問い合わせ方法ご案内
★メール送信はこちら!
◎浦田定期能のご案内
お稽古日・イベントお知らせ
お稽古の様子
能をめぐる旅
公演情報
山陰の名所
研鑽会のご案内
新年会のご報告
新年会のお知らせ
能楽基礎講座の様子
能楽基礎講座のご案内
お社中の皆さまへ
その他
未分類

最新の記事

◆浦田保親先生のご紹介◆
at 2011-12-22 23:59
思わず・・・
at 2011-09-20 23:33
来週27日は自主稽古ですヽ(..
at 2011-07-20 22:17
■島根浦声会への問い合わせ方..
at 2011-06-30 23:31
□■島根浦声会への問い合わせ..
at 2011-06-27 01:09

以前の記事

2011年 12月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

タグ

(40)
(31)
(21)
(17)
(14)

ライフログ

能楽入門オススメ本。
日本の仮面―能と狂言

能楽ハンドブック

禅と能楽・茶 (叢書 禅と日本文化)

能の物語 (講談社文芸文庫)

一歩進めて能鑑賞 演目別にみる能装束

まんがで楽しむ能の名曲七〇番

能楽鑑賞百一番

サライ 2009年 3/5号 [雑誌]

能を彩る文様の世界

新・平家物語〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

源氏物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

伊勢物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

謡曲平家物語 (講談社文芸文庫)

風姿花伝 (岩波文庫)

花よりも花の如く (1) (花とゆめCOMICS)

個人的に好きな音楽♪
ドビュッシー:ピアノ曲集

観世流謡曲名曲集

NHK「美の壺」ブルーノート・コレクション

NHK「美の壺」withブルーノート~バラード・コレクション~

その他
七緒 vol.19―着物からはじまる暮らし (プレジデントムック)

NHK美の壺 第1期(10冊セット)

美の壺 With ブルーノート Vol.1 [DVD]

美の壺 With ブルーノート Vol.2 [DVD]

美の壺 With ブルーノート Vol.3 [DVD]

山陰旅行 クラフト+食めぐり (おんなのたび)

おばけのバーバパパ

モチモチの木 (創作絵本 6)

花さき山 (ものがたり絵本 20)

火の鳥 (創作絵本 37)

完訳版 シャーロック・ホームズ全集 全14巻

CasaBRUTUS特別編集 知らないと恥ずかしい! 日本建築、デザインの基礎知識 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

CasaBRUTUS特別編集 もっと知らないと恥ずかしい! 日本建築とデザインの基礎知識 2 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2009年 11月号 [雑誌]

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2007年 09月号 [雑誌]

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2008年 11月号 [雑誌]

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2006年 09月号 [雑誌]

植田正治写真集:吹き抜ける風

日本の仏像100選―いま、魅力の仏像と出会う

眠る盃 (講談社文庫)

夜中の薔薇 (講談社文庫)

検索

フォロー中のブログ

photo with Kiss
農家の嫁の事件簿
器・UTSUWA&陶芸blog
moana me kik...
ぼうしブタ絵日記
マレエモンテの日々
day by day
まさかり半島日記
匙 屋 ー 旧ブログ ー
しゃおしゃん便り
本と、のこと
 フランス生活便り
・・・花に想いをのせて・・・
My funny Val...
鎌倉と古道具のツレヅレ-...
JOURNAL Le C...
一花一葉
うろうろ、ごそごそ。
本日の、のんし。
vie naturell...
京都写真(Kyoto P...
うつろひ
毎日手紙を描こう★貰うと...
小国での日々 第6章
薬膳のチカラ
月桂樹~Laurus-n...
散歩のように旅
+藍色+
書をつま弾く、そして歌う。
作りたGirlの★なんで...
更紗の国から
BAMBOOROCK
流木民
きょうのきょうと 11年...
フランス古道具 ウブダシ
春のよき日に
TwoHotchocol...
Nankuru*
Valleyのnatsu...
ありがとう 人生!~me...
フィレンツェ田舎生活便り2
pinoのビバ日常
palms-photo
LaClé*Une,De...
施基彩々
カフェフラココ
光と風の中で
きらきら*
noix*
楽子の写真俳句
Boochanの宝探し
スペイン・バルセロナ・ア...
choco*photo
Mof's Vision...
blue blue
Muntkidy
黒い羊 = oveja ...
day's photo.
fuu.....nnm....
一級建築士事務所 江角ア...
Bonne Nouvelle
花中草中
而今禾ブログ
nya  fleurs ...
salvage anti...
おうち♪ごはん
一茎草花
atelier bloo...
L'oiseau Bleu
chaque jour ...
ショップニュース/オルネ...
今日、コラージュ。
+deja+
丸栄’sブログ
針仕事職人の気ままな仕事場
月の下の子供
”裏” day by day
こねこをかいはじめたの....
ぱんだsalad日暮し
身の丈プライスインテリあん。
Aroma Relax
ムッチャンの絵手紙日記
松江北堀美術館芸術文化ホール
salvage anti...
松浦珈琲 matsuur...
千鳥Blog
百花ミナオの裏ジャパン絵日記
70410
時雨 shigure
一月と六月 準備室
cafe・hakuta
hiori ~日織り~
scarab136
あわじしまっこ、フィレン...
malulu cafe*
つれづれノート。古い家に...
mild country
建築・まちづくり通信
flossy staff...
陶芸家 二階堂明弘
NPO法人 まつえ・まち...
NPO まつえ・まちづく...
Café GUST 情報
Ever Green ~...
今日のお菓子
一月と六月 新入荷情報
たいち君のオススメ本棚
La Maison de...
農家の嫁の事件簿 +(ぷらす)
JIKONKA TOKYO

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧